二次元も三次元も愛したい

女キャラの夢女子

オタク

百合が女性独立っぽい話

百合と女性の独立は関連があると感じます。 王子様にお姫様が選ばれてハッピーエンド、というシナリオだけが正解じゃなくなったという点で。 私が好きなのは百合のカップリングなので、よくTwitterなどで見るお題に当てはめて妄想するのですが、妄想上の女性…

洗脳された子供の楽しさ

洗脳、という概念について、もう少し考えたいことがあったので書きます。 人間の中で、最も洗脳しやすいのは子供です。人間の幼い時期がチャンスです。まだ自己形成ができておらず、自分の価値観を作るために、その基礎となる考え方を無意識に吸収している時…

わんちゃん

負け犬にもワンチャン(ワンチャンス)あるといいですね。 「手に職をつけよう」「IT業界は伸びる」など、キラキラした毎日を送りつつ有言実行している人たちを羨ましく思っている、今日この頃です。 趣味でホームページデザインを学ぼうと思っています。 という…

私たちは、洗脳されたい

私たちは、洗脳されたいのかもしれません。 ここでは、私の人生の半分以上を占める、ポケモンを例にします。 洗脳されたいとは、宗教や神を信じたいというニュアンスです。現実は酷く厳しい面もあるけれど、どこかには天国のような場所が存在する、というよ…

作品が好きだ

私には作品や物語が必要なのだと改めて感じました。 よく小説や実用書を買います。特に小説を買うときに大切にしていることが、流し読みをしてみる、ことです。 最初にじっくり読むのではなく、ぱーっと素早くめくっていきます。速読でもなくて、「文章と自分…

何者と肩書き

教師とか医者とか会社員とか、そういう肩書きや枠組みだけではないぞ、というメッセージを感じることが最近多いです。履歴書や職業や年齢で人の内面までは測れない、といったようなものが。 最近は資格を取ろう、手に職をつけようといった話もよく聞きます。…

「愛してる」の偉大さ

「愛してる」「大好き」は、魔法の言葉だと思います。 唱えるだけで、なんだかしあわせな気分になるからです。 私にはいわゆる「推し」がいます。一時期はたくさん貢いだりもしましたが、今は落ち着いています。お金も時間もたくさんかけたことは、私の人生の宝物…

現実逃避という娯楽

私はなぜ百合を好きでいるのか、そして百合やBLが存在するのか。 これに対する考えのひとつを書きます。主に異性愛者視点です。 「同性を対象にした恋愛」をコンテンツとして考えると、「理想が壊れにくい」のではないかと思います。 人と人が深く付き合ってこそ…

自分の物語を紡ぐ

物語を作り出すことは、現実逃避だと考えていました。しかし、物語と現実は緩やかに繋がっているのではないかと、今では思います。 心理テストの1つに、「あなたは今、童話の絵本を開こうとしています。その絵本のストーリーを教えてください」というものがあ…

魔法使いで在りたい

魔法って素敵ですよね。どんなことでも叶えてしまうもの。 今って、わりと何でも叶うと思うんです。ドラえもんのグルメなんとかっていう秘密道具みたいに、蟹食べたいなーと思えばネットで蟹を注文したらいい。 何でも叶うようになったからこそ、今度は「望む…

自分に価値を提供するということ

お金とは、価値とは何だろう。最近は、そう考えることが増えました。 オタクにとっての死活問題だからかもしれません。 「100円のコーラを1000円で売る方法」という本を読んだことがあります。 そのままでは100円の価値しかないコーラも、リゾートホテルのよう…

百合と肯定

私は女という生き物が、とても面白いと感じます。 理由を一言で表すと「複雑だから」です。 まず始めに、ここで言う「女」「男」はあくまで私の思うの傾向であって、例えば「女らしい性格の男」は「女」に含めることになりますし、どちらの考え方も持っている人が大半…

お金は幸せへの手段

お金=幸せではなく、あくまで幸せを手に入れるための手段である、と私は考えています。 ただ、実際にやりくりをする立場になると、どうしてもお金に執着してしまう今日この頃です。 若者の○○離れだの、浪費の図鑑だの、コンテンツの継続にお金が必要だの、お…

性だけだと思わないでほしい

オタク=性的、というイメージがあります。 頻繁に性的なオタクコンテンツに出会うので、まあ仕方ないことだとは思いますが。 正直、私自身、性的な要素抜きでコンテンツを楽しんでいるかというと、やはりそれは違います。 ただ、オタクコンテンツにあるのは…

内面を愛せるように

内面は大事!、と言いつつ、ルッキズムという概念があります。 ようは、見た目は大事!というやつです。 人間は内面が勝負だと言っても、最初は見た目しか情報が与えられません。 ネットなどの文章のやり取りや声を聞くより、見た目で与えられる情報は多いで…

とあるオタクの散財観

オタクは散財(お金を使いまくる)するものだと思います。 グッズを買い、アプリに課金し、公式の存続を願って貢ぎます。 私もそのひとりですが、缶バッチは買わない、欲しいものだけ、一種類につきひとつ買う、というマイルールがあります。大前提として、…

著作権と自己満足

二次創作やMADなど、オリジナルではなくて、原作から借りて作品を作る文化があります。 これが法的や倫理的にどうか、というのは(詳しくないので)置いておき、自己満足をメインに書きたいと思います。 そもそも二次創作をする動機は、ざっくり分けて3つあ…

掲示板の感想

最近、5ちゃんねるを見ている。特にアンチスレッド。 悪趣味と言えばその通りだが、批判はたまに的を射ている意見が出てくるので面白いと思っている。必要以上に罵る言葉は好きではないが。 その5ちゃんねるの掲示板を見ていて、思ったことをまとめます。 1…

百合とBL考察 girls side

思いついたので書きます。百合女子と腐女子について。 両者の共通点は、NLが苦手ということ。相違点は、男性性と女性性のどちらを好むかということです。 雑食(NL、BL、百合全てを好む)については置いておきます。 NLは二次創作において少ないですが、それ…

メイドカフェに行ってきた

メイドカフェに行ってきました。詳細は伏せておくとして、楽しかったポイントを書きます。 1メイドさんが可愛い! なんといってもコレです。究極の癒し系です。 声のトーンも、相づちも、話の振りまで完璧。 トークを弾ませてくれるので、とても癒されます。…

好きなことでがんばれるなら

それぞれが好きなことでがんばれるなら、たどり着いた場所がゴールだね! っていう歌詞が、ラブライブのミューズの曲でありますね。 ラブライブにはたくさんの元気をもらっているのですが、この歌詞は本当に共感します。 好きなことでがんばりたいんです。ラ…

少女になれた人たちへ

VTuberやARが流行っている。その中で、誰でも少女になれる、というコンテンツがあるらしい。 VTuberだと、仮想キャラクターである少女の中が男性だったり、VRだと、少女になりきってポーズを決められるゲームがある。 そこで、自分の心の中にある、少女の気…

同性の推しに恋する話

女性がアイドルを推すきっかけとなるのが、感情移入と聞いたことがあり、その通りだと思いました。 同性のキャラやアイドルなどを好きになるのは、大抵そうだと思います。 私が今の推しキャラや過去の推しキャラを好きになったきっかけを思い出してみると、…

ねほりんぱほりん 2次元しか本気で愛せない女たち 感想

2次元しか本気で愛せない女たち、ようやく見れました。内容は、とても面白くて、これからの二次元ライフハックにもなりました。特に、二次元は三次元を生きるための給水所、という部分に同意します。ただ、感覚は個人によって違うので、同意しにくい部分もあ…

推しが出るソーシャルゲームをしてみた

推しが出るソーシャルゲームをインストールしてプレイしました。 このアプリゲームは、スマホを購入してすぐプレイしていたのですが、ゲームシステムがあまり好きになれなかったので、アンインストールしていました。 それから3年程経ち、久しぶりの再プレイ…

次元を越えて

今週のお題「私のアイドル」 「対象は人物に止まりません。画面の向こう側へ」という趣旨が説明に書いてあったので、二次元アイドルで参加したいと思います。 私にとってのアイドルは、元気をくれる存在です。(よくあるやつ) 元気いっぱいに歌ったり踊ったり…

二次創作が流行る理由

星です。二次創作が流行っている理由について、私の考えを書きます。 日本では二次創作が流行っています。コミケに多くの人が集まるし、二次創作という言葉を聞いたことがある人も多いんじゃないかと思います。 インターネットで同志を見つけやすくなったか…

癒し系女子

上手くいかないこともある。何となく調子が悪い時がある。 そんな時、側にいて励ましてくれる人はいますか? 私はいます。女の子です。二次元の。 落ち込んでいたり悩んでいる時って、案外、アドバイスがほしいわけじゃありません。 ただ自分の話を頷いて聞…

クリスマスに推しのプレゼン大会をしてきた話

タイトルの通りです。クリスマスにオタクが3人集まってプレゼンをしました。 例年、クリスマスぼっちのスレを見たりして過ごしていたのですが、今年のクリスマスは本当に楽しかったです。 パワーポイントで推しについてプレゼンし、その後、某動画サイトで推…

百合女子と現実世界

百合では、話の中で男が絡む場合があります。彼氏のいる女子が登場人物だったりします。 私の主観ですが、そういう話は主に女性向けの百合によく見られると思います。 私の感覚で言えば、百合はファンタジーだと思っています。あくまでフィクションとして楽…