二次元も三次元も愛したい

女キャラの夢女子

好み

お金は幸せへの手段

お金=幸せではなく、あくまで幸せを手に入れるための手段である、と私は考えています。 ただ、実際にやりくりをする立場になると、どうしてもお金に執着してしまう今日この頃です。 若者の○○離れだの、浪費の図鑑だの、コンテンツの継続にお金が必要だの、お…

同性キャラに恋する方々へ

キャラクターって魅力的ですよね。恋したキャラが同性だった、ということもあると思います。 まあ私自身がそうなのですが。 でも、考えてみてください。性別を理由にした関係って、そんなに素晴らしいものでしょうか。 もちろん、人間にも生殖があり、男性と…

性だけだと思わないでほしい

オタク=性的、というイメージがあります。 頻繁に性的なオタクコンテンツに出会うので、まあ仕方ないことだとは思いますが。 正直、私自身、性的な要素抜きでコンテンツを楽しんでいるかというと、やはりそれは違います。 ただ、オタクコンテンツにあるのは…

内面を愛せるように

内面は大事!、と言いつつ、ルッキズムという概念があります。 ようは、見た目は大事!というやつです。 人間は内面が勝負だと言っても、最初は見た目しか情報が与えられません。 ネットなどの文章のやり取りや声を聞くより、見た目で与えられる情報は多いで…

とあるオタクの散財観

オタクは散財(お金を使いまくる)するものだと思います。 グッズを買い、アプリに課金し、公式の存続を願って貢ぎます。 私もそのひとりですが、缶バッチは買わない、欲しいものだけ、一種類につきひとつ買う、というマイルールがあります。大前提として、…

中絶 自殺 生産性

タイトルが暗いですね。 この3つのキーワードについて、最近よく思いを馳せます。 多くの命が生まれる前になくなって、産まれてからもなくなっているという事実を把握できたのは最近です。 自殺については少し前から調べていましたが、某ドラマがきっかけで…

百合と言うけれど

百合は、色々な定義があります。ざっくりと言えば、女と女の関係性を描くもの。 つまり、友情も恋愛も含んでいます。 これは私の感覚ですが、友情で終わる百合は、オリジナルでも二次創作でもほとんど見たことがありません。要するに、恋愛に繋がったり、肉…

百合が好きな理由

女性で百合が好きな理由について、ピンと来たものがあるので語ります。 「女性の性欲が無視されない」 この理由に至ったのは、ある記事を読んでいたのがきっかけです。 その記事によると、性欲は人間誰でも持っている、そうです。 アセクシャルなどの例外はあ…

狂気のススメ

星です。 私は現在、情緒不安定な時期にあります。 躁と鬱、つまりプラスとマイナスを行き来しています。 1カ月に一度、1週間ほど、この躁鬱期がやって来ます。 躁鬱期の間は社会的な行動(論理的に考える、作業を正確にこなす)ことが少し難しくなります。…

掲示板の感想

最近、5ちゃんねるを見ている。特にアンチスレッド。 悪趣味と言えばその通りだが、批判はたまに的を射ている意見が出てくるので面白いと思っている。必要以上に罵る言葉は好きではないが。 その5ちゃんねるの掲示板を見ていて、思ったことをまとめます。 1…

女という幻想

いわゆる男性向けを愛好する女性オタクなら、あるあるかと思います。 女という概念は幻想。 社会的な、政治的な意味での女性は、おそらく現実を多少は考慮したものになっていますが、オタク的な世界観における女は、かなり幻想だと感じます。 私自身がそうな…

百合とBL考察 girls side

思いついたので書きます。百合女子と腐女子について。 両者の共通点は、NLが苦手ということ。相違点は、男性性と女性性のどちらを好むかということです。 雑食(NL、BL、百合全てを好む)については置いておきます。 NLは二次創作において少ないですが、それ…

母性

星です。 突然ですが、私は母親が大好きです。 何でも相談するし、アドバイスも求めます。 てきるだけ自分で決断をするように心掛けていますが、母に流されることもある程、依存している自覚があります。 母親は大切な存在ですが、やはり人間同士なので、私…

Hello,myself.

星です。ようやく、自分の本音がわかりました。 適度に楽しめる仕事をしたい。幸せであればそれでいい。 そのための条件はあります。家から近い職場とか。 でも、それだけです。 私はまだ内定を貰えていませんが、何となく大丈夫な気がします。 自分がダメな…

好きな下ネタ、嫌いな下ネタ

星です。今回は独断と偏見で、下ネタについて書きます。 まず、好きな下ネタを私なりに表現すると「上品なエロス」です。 エロい、とかエロとかは、俗語的に使われますが、エロスというと学問のひとつとして語ってるように聞こえます。だから好きです。 上品な…

当たり前 嫌い

星です。 「当たり前」って言葉があります。 私は当たり前という言葉が好きではありません。 特に、批判的な意味で使う当たり前は、嫌いです。 「人として、これくらいのことは当たり前でしょ」 「当たり前のこともできなくてどうするんだ」 「当たり前でし…

付加価値って必要?

よく聞く言葉、「付加価値」。これは、通俗的には「特定の人・場所・施設や何かの商品・サービスなどに付け加えられた独自の価値を意味するらしいです。 (Wikipediaより引用) この、サービスによる付加価値って、必要なんでしょうか? もちろん、不要ならサ…

推しが同性の人 友情が重い説

星です。女性は愛が重い生物として有名ですが、特に同性を推しにする人は、友人に対しても重いんじゃないかと思ったので、これを書きます。 以下、私が勝手に考えた仮説です。 1同性に対して、何かある こう書くと意味深ですが、例えばとても仲の良い友人が…

好きなことでがんばれるなら

それぞれが好きなことでがんばれるなら、たどり着いた場所がゴールだね! っていう歌詞が、ラブライブのミューズの曲でありますね。 ラブライブにはたくさんの元気をもらっているのですが、この歌詞は本当に共感します。 好きなことでがんばりたいんです。ラ…

ゆーとぴあ

ユートピア、理想郷。様々な表現があります。 今回は、私の理想郷についての主観を書きます。 まず、理想郷は存在し、また存在しません。 なぜなら、自分自身が理想郷に入れ、そこで暮らしていく場合、やはり悩み事が出てくるからです。 人間の欲求に果てが…

百合とジェンダー

星です。今回は、百合から考えるジェンダーについて書きます。 突然芸能人の名前を出しますが、ぺこさん、りゅうちぇるさん。このお二人の関係性というか、雰囲気が私は好きです。 お互いに支え合っている感じがします。また、盛り上げ役はりゅうちぇるさん…

同人誌の感想は投げ銭

同人誌の感想を作者さんに送りました。 どういう内容がタブーなのかを調べ、本音で作者さんを誉めるように心がけて書きました。 作者さん自身、感想が欲しいとtwitterで発言しており、twitterにweb拍手を設置されていたので、web拍手のメッセージ機能から送…

女に生まれて

女に生まれてよかったー!というネタが昨年流行りましたね。 何にせよ、生まれてよかったー!という言葉が、私は好きです。 その人がしあわせである象徴だと思うので。 今回は、個人的に、女に生まれてよかったことを書きたいと思います。 1女湯に顔パスで入…

HUGっと!プリキュアってすごい

HUGっと!プリキュア、実を言うとまだ視聴していないのですが、プリキュアの感想ブログをいくつか読んで、とても感動したので、これを書きます。 まず、プリキュア達の主題が、子育てです。そして相手(敵)が企業組織。 その2つが出てくることに感動しまし…

私の百合観

星です。今回は、独断と偏見で百合を語ろうと思います。 ちなみに百合とは、女性どうしの恋愛、または深い友情のことだと解釈しております。 要するに、女性が二人いて、その二人の関係に注目する、というものです。 百合は繊細で、お互いの指先が触れるだけ…

同性の推しに恋する話

女性がアイドルを推すきっかけとなるのが、感情移入と聞いたことがあり、その通りだと思いました。 同性のキャラやアイドルなどを好きになるのは、大抵そうだと思います。 私が今の推しキャラや過去の推しキャラを好きになったきっかけを思い出してみると、…

ねほりんぱほりん 2次元しか本気で愛せない女たち 感想

2次元しか本気で愛せない女たち、ようやく見れました。内容は、とても面白くて、これからの二次元ライフハックにもなりました。特に、二次元は三次元を生きるための給水所、という部分に同意します。ただ、感覚は個人によって違うので、同意しにくい部分もあ…

次元を越えて

今週のお題「私のアイドル」 「対象は人物に止まりません。画面の向こう側へ」という趣旨が説明に書いてあったので、二次元アイドルで参加したいと思います。 私にとってのアイドルは、元気をくれる存在です。(よくあるやつ) 元気いっぱいに歌ったり踊ったり…

楽しければ、それでいい

人と会わない日が続いていたのですが、最近は人と会うことが比較的多くて楽しい今日この頃です。 今回は、楽しければそれでいいじゃん、と思うことについて。 突然ですが、言いたいこと言えない状況とか、自分の本当の気持ちがわからない状況って辛くないで…

「好き」増えてー\(^^)/

オタクのブログを読むのが好きです。好きな対象は一般的ではないかもしれない。しかし、そこには愛があると思う。 正直、本当にそれが好きで書いているのか、それが好きな自分が好きなのかを、文章から読み取る能力は私には無いです。とにかく、誰かが何かを…