進化し続けるオタク

過去を振り返ってみたとき、あることに気付いた。

性癖が変わってる。

性癖、というと誤解を生むので、好きな話や好きな関係性だと補足しておく。

性癖は、変わっていた。(大事なことなので2回言った)

以下、自分語りになります。あしからず。

私が二次元に何かを感じたのは6歳の頃。アニメを見ていて、性的な表現に気付いてしまった。

あ、これエロいやつだって、幼心にわかってしまった。思えばあれが始まり。

そのキャラは女性キャラだった。当時、性的というと、なんか女性の服が破ける系だった気がする。

で、私はその時、そのなんかエロい雰囲気が気に入ってしまったようだ。

よくわからないけどエロいやつに興味を持つようになった。

そして中学生になる。回りにカップルができはじめる。

人並みに異性に興味はあった。面と向かって話すのに緊張する感じ。

しかし、何かが違うと思った。そう、エロいお姉さんがいない。

今思えば、中学生なのだから当然である。そう早熟な子がいるものではない。

中学生は化粧が禁じられているし、制服だし、第二次成長期が終わっていない。

しかし二次元は違った。キャラの設定が中学生でもなんかエロかった。胸が大きかったりした。

大人たちのドリームを詰め込んだのだから当然かもしれない。

そこで私は思った。三次元より二次元の方がエロい!

美形でなく、異性への苦手意識もあり、性についてよくわからなかった私は、当然のように二次元にハマった。

いわゆる黒歴史を積み重ねた。

ここでpixivに出会ってしまう。そこには、同性どうしでキスしてたりなど、なんかヤバい作品で満ちあふれていた。

最初こそ頭を殴られたような衝撃を感じていたが、なんかエロい雰囲気が好きだった私は、その好奇心を頼りに未知の世界へ踏み出していくのであった。

もちろんオタク友達の洗礼も少し受けた。

そこでさまざまな性癖が存在することを知る。

同性愛、近親相姦、ハードプレイ。

好奇心と若さゆえのエネルギーを発揮し、それらをひたすら閲覧した。

最初は気分が悪くなることも多かったが、沢山の作品を見ているうちに感覚がマヒしていった。

中学の後半~高校生にかけて特にハマったのが近親相姦。なんかイケナイ感じがたまらなかった。

あくまでファンタジーであり、実際にやりたいとは思わなかったが。

大学生になると、変化が表れた。それは、ストーリー性や関係性に注目するようになったことだ。

それまではストーリーについてあまり深く考えなかったし、キャラの関係性も友情か恋愛くらいだと思っていた。

しかし、ストーリーのどこが好みかということや、関係性は簡単に言葉で表せないのではないか、ということを考え始める。

この時、月9や少女漫画によくある、美形男が女主人公に惚れ、男が女を守る、という展開があまり好きではなかった。テンプレートにはまっていない物語、関係性が特に好みだった。

だから、ラブライブにとても衝撃を覚えた。とても好きになった。

恋愛ではない関係性が描かれているように見えた。

ここでまとめると、高校生まではとにかく恋愛関係に萌えていたのだが、大学生からは恋愛に頼らない関係が好みになった。

同人誌系は今でも読むが、それとは別に恋愛や性癖を重視しないものが好みになった。

今では、性的なもの、それ以外を重視するもの、それぞれの良さを感じながら生きている。