百合豚、腐女子と言う前に

百合豚が騒ぐ。腐女子が騒ぐ。

こういう言葉をネットでよく見かける。

それらをきもちわるい、という声も。

確かに、誰かに迷惑をかけてはいけないし、嫌な思いをした経験から来る言葉かもしれない。

ただ私が残念に思うのは、そういったネットの声により、その作品のイメージがついてしまうことである。

アニメや漫画には、多くの人が携わったりする。作者自身や偉い人が露骨にそういう要素を入れることもあるだろう。

しかし、その作品からメッセージを見つけるのは視聴者自身である。

誰かがメッセージを込めてその作品を作っていることもある、と私は思う。

腐向けと言われているアニメで、家族を大切にしよう、と思ったことがある。

百合豚が騒ぐと言われているアニメで、友達との嬉しかった思い出がよみがえったこともある。

人の意見で決めるのではなく、実際にその作品を自分で見て、好きか嫌いかを感じるオタクでありたい。