ラブライブサンシャイン7話の感動

ラブライブサンシャインの7話を見ました。感動した。わりと毎回感動してるけども。

ネタバレを含みます。

 

 

 

 

ラブライブ決勝進出。学校は統廃合決定。

事実は以上です。

何に感動したのかというと、演出。台詞。

今回のお話の最初で、ラブライブ決勝進出が決まります。やったーーっっ!!ってなる。

みんなキラキラモードです。やったね。

 

しかしその直後、問題がやってくる。学校存続が達成できなかった。

さっきとは一転、みんなどんよりモードです。

そりゃそうだ。学校を存続させるためにがんばって来たんだもんね。

ここでの、ギリギリできそうで、でもできなかった演出が素敵でした。

まだいける、いけそうな気がする!…でもできなかった。そういうこと、よくあったので。とても感情移入しました。

今後の展開を私なりに予想すると、ラブライブ優勝からのやっぱり統廃合ナシ!になる気がします。

それはさておき。アクアのメンバーは。一晩考えたあと、ラブライブに出場することを決めます。学校の全生徒による励ましを受けて。

このシーンも好きです。青春って感じがする。代表者が叫んだあと、全員で叫ぶやつ、学生時代にやった人いるんじゃないかな。

で、ラブライブ決勝がんばろうね、で今回の話は終わります。前向きな終わりかたでよかった。

ラブライブ決勝が楽しみです。どんな展開になるのか、彼女たちがどのように成長するのか、気になるところです。