性的な被害に鈍感な人の話

性的な被害に鈍感な人、といえば男性だと思うかもしれない。しかし性的な被害に鈍感な女性も存在すると思う。

痴漢が存在することは知ってるし、被害者がものすごく苦しんでいることがSNSなどから伝わってくる。

でも、私は被害に会ったことがないので、本当の意味では理解していないのだろう。

それが夜に滅多に出歩かないからか、女の子らしい服装をしないからか、理由は色々あるんだろうけど、とにかく実感として、性的な被害に会ったことは無い。

ただ、被害では無いけれど、何かにつけて女の子なんだから、と言われることが多い。

女の子なんだから、

お化粧をしなさい、なるべく早く帰りなさい、一人で歩くな、一人暮らしは危ない、など。

これらをしなければならない理由は理解できているつもりなので、ちょっと不自由に思うことはあるが、なるべく実行するようにしている。

ネットで痴漢の心理とかストーカーの心理についての記事を読んだりもしている。

その中でふと思ったのは、もし私が男性だったら、迷惑な話だということだ。

痴漢には冤罪があって、冤罪で人生を台無しにした人が多くいる。

私が見聞きした中では、痴漢の女性加害者は聞いたことが無い。

だから、女性が痴漢の冤罪をかけられることは少ないんじゃないかと思う。

女性でよかったことがあるとしたら、その辺かもしれない。

ところで、痴漢の心理で、性的欲求から触るのではなく、ストレスでむしゃくしゃして自分より立場の弱い人間に屈辱を与えるために痴漢をする、というのがあるらしい。

女性を同じ人間としてみなしていない、という説もある。

人に迷惑をかけずにストレスを解消する方法や機会が増えればいいと思うし、性別に関係なく相手を尊重するのがあたりまえになってほしい。