イラストと承認欲求

イラストを描くのが趣味だという人は多いと思う。ピクシブを見ていると、毎日こんなにも多くのイラストが描かれているのかと驚く。

前にも書いたが、私はペンタブでイラストを描いていたことがある。結論を言えば挫折したのだが、何だかんだ言っても、定期的に鉛筆で落書きをしたりしている。

私は今まで、版権のキャラを描くことが多かった。更に女の子しか描けない。

男の子も練習すればいいのだが、あまり描こうと思わなかった。

だから、イラストレーターや漫画家を目指そうと思ったことはない。描けるものも描きたいものも限られているから、職業にするべきではないと考えたからだ。

こういう私でさえ、承認欲求がある。一時期は承認欲求のためだけにピクシブに投稿を続けていた程だ。

そのおかげで少しは上達もしたと感じている。でも、承認欲求は満たされることがなく、1回満足したと思っても、次の日にはまた欲しくなっているから、苦しいし、中毒みたいになる。

TwitterInstagramのいいねもそういう感じなのだろう。

ソーシャルゲームも、他のプレイヤーから認められたい、というのがあるかもしれない。

結論としては、承認欲求を上手くコントロールできればいいと思う。難しいけれど。

私の場合、承認欲求のために、色々なものを犠牲にしがちだったため、とりあえずTwitterピクシブに投稿するのは控えている。

ブログも承認欲求に動かされて書くけれど、ある程度考えがまとまっていないと書けないし、書いたものは自分を振り返るきっかけになるから、楽しんで書けている。

インターネットが当たり前になって、通知をいつでも受けられる今では、承認欲求との付き合い方がとても大事だと思う。

なるべく三次元で満たした方がいいという感覚もある。

自分の軸を持て、とよく言われるが、それは承認欲求に流され過ぎるなということだと思う。

これが受けそうだな、と思って行動していると、本当に自分の満足することがわからなくなったからだ。

これからも承認欲求に苦しめられたり、上手く作用したりして生きていくが、自分の大切にしているものを見失わないでいたい。