少女になれた人たちへ

VTuberやARが流行っている。その中で、誰でも少女になれる、というコンテンツがあるらしい。

VTuberだと、仮想キャラクターである少女の中が男性だったり、VRだと、少女になりきってポーズを決められるゲームがある。

そこで、自分の心の中にある、少女の気持ちに気づいた人がいる、と聞いた。

可愛く見られたい、オシャレをしたい、という具合に。

若しくは、女装が好きな男性もいると思う。

私は、その方々に、自分の中にいる少女の存在を忘れないで、と伝えたい。

彼女たちは、自分が可愛いと思われることに喜びを感じるだろう。自分の容姿を誇りに思うだろう。

彼女たちにとって、誰かに可愛くない、と言われることは、屈辱だろう。

可愛くない、は暴言で言えば、ブスだと思う。

少女にとって、ブスと言われることは屈辱である。

少女自身が、自分の容姿がある程度劣っていると自覚していても、ブスと言われるのは屈辱である。

そのことを、忘れないでほしい。

不細工に生まれるなら、男性と女性どちらがよいか、という問いに対して、私は女性だと思っている。

やはり、女性の方が容姿について言及されやすい。そのため、ある程度良い容姿に生まれなかった女性は、本当に苦労すると思う。

だからこそ、自分は平均的な容姿だ、と自分に言い聞かせている。

要するに、容姿について批評するときは、本人にバレないようにしようね、と言いたい。

エゴサーチは仕方ないとしても、直接ブスと言われたら、少女は傷つく。

誰の心にもきっと少女は存在するので、人の容姿は批判するべきではないと思う。

最近、誰でも少女を体験できる、という流行を見ていて思うところがあったので、この記事を書きました。

少女になることで、その人がより素敵な人間になれる、やさしい世界になってほしいです。