女に生まれて

女に生まれてよかったー!というネタが昨年流行りましたね。

何にせよ、生まれてよかったー!という言葉が、私は好きです。

その人がしあわせである象徴だと思うので。

今回は、個人的に、女に生まれてよかったことを書きたいと思います。

1女湯に顔パスで入れる

少年漫画を読んで育つと、女湯が聖域であるような感覚が身に着きます。

そもそも、普段はお風呂はひとりで入るので、温泉自体、かなり非日常です。

女って書いてあるのれんをくぐる時、何かとテンションが上がります。

2性教育が進む

本の学校では、充分な性教育ができていない、と言われるのをよく聞きます。

その分、自習が重要になります。

一番手っ取り早いのは、先輩や同級生に学ぶこと。

中学の頃、先輩経由で女性向けのエロ漫画が回って来ましたし、従兄弟が持ってきた漫画にはグラビアが載っていました。

しかし、習うより慣れよ、という言葉があるように、見るだけではなく、練習も必要です。

エロ漫画で、女性が喘いだり、気持ちいいと言うシーンがよく出てきますが、あれを実践してみると、わりと気持ちよくなかったりしました。

漫画で読んで、女の子ってこうされるの好きなのかな?って思って、実際やってみて何か違う…というのを自然と繰り返す訳です、自分の体で。正直、良い教材でした。

そのおかげで、女性の体についてはよく知れました。

その知識が役に立ったとは言っていません。

 

…以上、歪んではいますが、女に生まれてよかったことでした。

日本は巨大な男子校という意見を聞いたことがありますが、本当にその通りだと思います。

女に生まれているはずなのに、男子中学生のようなことをよく考えるからです。不思議ですね。

女性だけど男性の気持ちもわかる、などと高慢なことは思いませんが、自分の中に同世代の女と男子中学生が住んでいる感覚がするのは、とても面白いです。