同人誌の感想は投げ銭

同人誌の感想を作者さんに送りました。

どういう内容がタブーなのかを調べ、本音で作者さんを誉めるように心がけて書きました。

作者さん自身、感想が欲しいとtwitterで発言しており、twitterweb拍手を設置されていたので、web拍手のメッセージ機能から送りました。

一度に1000字まで送れたので、900文字強くらいの分量です。

その同人誌は一年前に買ったもので、当時は感想を送るのを躊躇っていましたが、その後に感想欲しいツイートがあったので、今更ながら送りました。

勿論匿名なので、返信は期待しておりません。

ただ、感想来た、とツイートして頂けたら嬉しいと思いました。

作者さんのTwitterに、新しい感想来たツイートが無いので、届いたのかな、と不安になっている今日この頃です。

 

同人誌の感想については様々な議論があり、正解は無いと私は考えています。

また、匿名での感想は怖いものの、純粋にその作品が面白いという気持ちから書かれたものだと、作者は嬉しいと思います。

私は一時期ピクシブに二次創作イラストを投稿していたので、誉められることが嬉しいのは少しわかります。

ただ、今回の作者さんは、所謂大手の方なので、感覚が違うと思いますが。

私の言いたいことをまとめると、

感想に返信はいらないが、感想が届いたツイートをしてほしい、ということです。

感想届いたツイートをすることで、感想を送った人が喜びますし、まだ感想を送ろうかどうか迷っている人も、自分も感想を送ってみようという気になると考えるからです。

実際、私が感想を送ろうと決めたのは、その作者さんがweb拍手がたくさん来て嬉しい、感想が届いて嬉しい、と過去にツイートしていたからです。

感想が届く度にツイートするのはとても面倒だとは思いますが、定期的にでも、感想が支えになっているという意思を伝えてくださると、読み手として、とても嬉しいです。

以上を踏まえて一言、

感想届いたツイートしようね!!

(あくまで心の叫びです。強制力はありません。)

感想は神様に捧げる投げ銭と同じ、という言葉を自分に言い聞かせて生きていこうと思います。

 

追記(2/17)

作者さんが、感想届いたツイートをしてくれました!

とても嬉しいです。

作者さん、ありがとうございます。

また、スターをくださった皆さま、ありがとうございます。

とても励みになっています。