ゆーとぴあ

ユートピア、理想郷。様々な表現があります。

今回は、私の理想郷についての主観を書きます。

まず、理想郷は存在し、また存在しません。

なぜなら、自分自身が理想郷に入れ、そこで暮らしていく場合、やはり悩み事が出てくるからです。

人間の欲求に果てが無い、と私は考えています。だから、理想郷というのは、悩み事が全くないという観点から見ると、実現不可能だと考えます。

それでは、どういう理想郷がいいのか。

私にとっての理想郷は、夢を見れる時間です。

夢というのは、何かに憧れて、希望をもって、楽しんでいられるものだと思います。

そういう時間があれば、生きていてよかったと思えるのではないでしょうか。

私の場合は、ゲームをする時間だったり、友達と遊ぶ時間だったり、美味しいものを食べる瞬間だったり、作品を見ることだったりします。

理想郷は、いつでもそこにある訳ではなくて、自分の体調や精神状態、その日の天気、そこにいる人々、いろいろな条件が重なってできるものだと思います。

だから、ある時、ふと出会えます。それはずっと続きませんが、いい思い出になります。

例えば、とても素晴らしい作品に出会えたとき。その瞬間は感動しますが、何度も見るうちに、初めてそれを見た感覚は薄れていきやすいです。

それでも、出会った瞬間にとても感動した、という事実は覚えています。

そういう出来事を感じることが、生きる楽しみなのではないか、と思います。

そこにずっと住み続けられはしないけれど、何度も出会え、生きる理由になる。

それが、私にとっての理想郷です。