百合女子と現実世界

百合では、話の中で男が絡む場合があります。彼氏のいる女子が登場人物だったりします。

私の主観ですが、そういう話は主に女性向けの百合によく見られると思います。

私の感覚で言えば、百合はファンタジーだと思っています。あくまでフィクションとして楽しむ。友情っぽく終わる場合も、がっつり恋愛になる場合も同様です。

私が百合を好きな理由は、女性キャラが好きだからです。

そして、男女の恋愛物語が好きじゃないからです。

要するに、こじらせています。それは何となく自覚しています。

ただ、こじらせ方にも個人差というか、いろいろあると思います。

私の場合は、人生において、女性に恩があります。悩んでいたときに相談に乗ってくれた、などです。

また、私はストレス感受性が高い子供でした。そのため、小・中学校時代の陰口をよく思い出します。もちろん女子からも男子からも言われたし、私も言っていたはずです。

自分が傷つけられた言葉だけ覚えているものです。だからこそ言葉に気を付けるようになりましたが。

私の場合、兄がいました。理不尽に殴られたり、暴言もありました。当時は兄がいなくなればいいのに、と思っていました。今では落ち着きましたが。

一方、女友達はある程度優しかったです。少なくとも面と向かってしねとかはあまり言いませんでした。

また、母は私たちに優しかったです。

こうして人生を振り返ってみると、楽しかったことや嬉しかったことの多くは、女性と共に連想されます。このことが百合を好きになるきっかけになった気がします。

当たり前ですが、世の中いろいろな人間がいます。男性だから、女性だからという理由で人間性に差異が生まれるとは思いません。

だからこそ、百合が好きであっても、男は消えればいいとは思いません。

私が百合はファンタジーだと思う一番の理由は、二次元と三次元を同じように捉えたくないからです。