オリンピックのマスコット案について思ったこと

オリンピックのマスコット案が発表されました。個人的には、みんな可愛いと思います。

ただ、パクリ疑惑も言われていますね。

それについて、思ったことを書きます。あくまで主観です。

私は趣味でデジタルイラストを描いていたことがあります。特別上手くはないですが。

何か新しいものを描く時に、私の場合はある程度資料を参考にします。

二次創作であれば本家のイラストやピクシブの画像を参考にします。

新しい衣装をキャラクターに着せる時も、ファッション雑誌やら写真集やらイラストやらをひたすら集めます。

そこから、テーマを決め、テーマに合った配色を決めます。

今回は、そういう観点から考えてみます。

狐の方がこんのすけ、狸の方がポンタに似ている。妖怪ウォッチのキャラにも似ている、という指摘があります。

ここからは私の妄想です。

まず、クールジャパンというキーワードは意識していたんじゃないかと。要するに、日本のアニメのマスコットキャラっぽくしたかったのだと思います。

そして、日本の伝統→狐と狸、紅白というテーマに決めた。そうなると、参考にする画像を検索する時、「狐 和風 紅白」などになります。

私の主観ですが、新しいアイデアというものはとても曖昧です。既存の組み合わせこそがアイデアである、という考え方もあります。

だから、キャラクターにはある程度共通性が生まれると思います。

例えば狐。特に日本らしい紅白の狐のお面を思い浮かべてみてください。

顔と体は白色。耳、頬、眉あたりに赤色があります。場合によっては、目の周りが黄色。

和風の紅白狐といえば、こんな感じでしょうか。

これらのポイントを押さえているからこそ、そのキャラを見た時、日本らしい狐だと認識されるのではないでしょうか。

その気になれば、これらの特徴を変えることもできる。黄色い顔と体にすることもできる。ただ、それだと紅白というテーマが伝わりにくくなります。

以上のことから、既存の作品に似るのは仕方ないことだと思います。

著作権は曖昧なものであり、パクリかどうかはとても判断しづらいものです。

研究レポートだと参考文献やリンクを載せます。しかし、イラストの場合だと、参考画像を載せるということはしません。参考画像を晒したら、それこそ著作権に引っ掛かりそうですね。

デザインはそもそも曖昧なものなので、この世からパクリ疑惑が無くなることは無いと思います。

それがプライベートなものであればいいのですが、お金が絡むと簡単ではなくなります。

個人的には、デジモンポケモンに似ていると言われているア案、イ案よりも、明確に似ているキャラの名前が出ているウ案が不安です。

だから、アかイのどちらかを選ぶのが賢明な気がします。

ニュース番組のインタビューでアが日本の伝統と未来の融合を表している、ウが日本の伝統らしくて良い、という意見が出ていました。

投票する小学生は恐らくデジタルネイティブ世代であるので、いち早くパクリ疑惑を知り、なるべくパクリ疑惑から遠いキャラクターを選んでくれることを祈っています。