二次元も三次元も愛したい

女キャラの夢女子

三次元

人生の結論

ちょっと早いと思いつつ、現時点での結論を書いておきます。 生まれてしまったから、しょうがない。 生まれてしまえば、その人が死ぬことが確実になります。 そして人生に答えはない。 不慮の事故に遭おうが、年収が低かろうが、どれも答えがない故に正解で…

百合が女性独立っぽい話

百合と女性の独立は関連があると感じます。 王子様にお姫様が選ばれてハッピーエンド、というシナリオだけが正解じゃなくなったという点で。 私が好きなのは百合のカップリングなので、よくTwitterなどで見るお題に当てはめて妄想するのですが、妄想上の女性…

洗脳された子供の楽しさ

洗脳、という概念について、もう少し考えたいことがあったので書きます。 人間の中で、最も洗脳しやすいのは子供です。人間の幼い時期がチャンスです。まだ自己形成ができておらず、自分の価値観を作るために、その基礎となる考え方を無意識に吸収している時…

わんちゃん

負け犬にもワンチャン(ワンチャンス)あるといいですね。 「手に職をつけよう」「IT業界は伸びる」など、キラキラした毎日を送りつつ有言実行している人たちを羨ましく思っている、今日この頃です。 趣味でホームページデザインを学ぼうと思っています。 という…

作品が好きだ

私には作品や物語が必要なのだと改めて感じました。 よく小説や実用書を買います。特に小説を買うときに大切にしていることが、流し読みをしてみる、ことです。 最初にじっくり読むのではなく、ぱーっと素早くめくっていきます。速読でもなくて、「文章と自分…

何者と肩書き

教師とか医者とか会社員とか、そういう肩書きや枠組みだけではないぞ、というメッセージを感じることが最近多いです。履歴書や職業や年齢で人の内面までは測れない、といったようなものが。 最近は資格を取ろう、手に職をつけようといった話もよく聞きます。…

令和 新卒より

令和ですね。新卒ですね。 私、いつも最初に思うんです。どこかの組織に入ってすぐ、辞めたい人や辞める人の気持ちが痛いほどわかる、と。 毎回、入ってすぐに心が折れそうなことが起こるんですよね。それも立て続けに。何かトラブルが起こって、そこから精…

現実逃避という娯楽

私はなぜ百合を好きでいるのか、そして百合やBLが存在するのか。 これに対する考えのひとつを書きます。主に異性愛者視点です。 「同性を対象にした恋愛」をコンテンツとして考えると、「理想が壊れにくい」のではないかと思います。 人と人が深く付き合ってこそ…

自分の物語を紡ぐ

物語を作り出すことは、現実逃避だと考えていました。しかし、物語と現実は緩やかに繋がっているのではないかと、今では思います。 心理テストの1つに、「あなたは今、童話の絵本を開こうとしています。その絵本のストーリーを教えてください」というものがあ…

ちょうどいい自己愛のすすめ

タイトルは、某ドラマ化される本のタイトルのパロディです。 結論から言うと、女性は自分を世界で一番愛せたら、とてもしあわせになれると思います。 「愛する」というのがポイントなんですね。世界一可愛いとか美しいとかでなくていい。自分にとってのオンリ…

「2.5次元」の男女差

ネットサーフィンをしていたら、面白い話題を見つけました。「2.5次元舞台」は主に女性向けで流行っていて、男性では流行らない、というものです。 これについて、私の見解を書きます。 ちなみに、ここで言う「2.5次元」は、声優ではない人がキャラを演じるもの…

自分に価値を提供するということ

お金とは、価値とは何だろう。最近は、そう考えることが増えました。 オタクにとっての死活問題だからかもしれません。 「100円のコーラを1000円で売る方法」という本を読んだことがあります。 そのままでは100円の価値しかないコーラも、リゾートホテルのよう…

「誉める」と決めた日

ブスって最低な言葉です。女性なら、一定期間言われ続けたら自殺できると思います。 今、強く感じている感情は「怒り」です。 番組で、いわゆるブスいじりを見るたび、チャンネルを変えていました。今もそうです。 命は尊い、ということをよく聞きます。それな…

性は残酷

個人的に、性は残酷だと思います。 ニュアンス的には、性対象が近いでしょう。 相手と恋愛をする、という前提で測ると、たいてい審査が厳しくなる気がします。 経済力、周りからの評価、性的魅力、などなど。 個人的な考えですが、「友達」は人数も多くなりや…

お金は幸せへの手段

お金=幸せではなく、あくまで幸せを手に入れるための手段である、と私は考えています。 ただ、実際にやりくりをする立場になると、どうしてもお金に執着してしまう今日この頃です。 若者の○○離れだの、浪費の図鑑だの、コンテンツの継続にお金が必要だの、お…

同性キャラに恋する方々へ

キャラクターって魅力的ですよね。恋したキャラが同性だった、ということもあると思います。 まあ私自身がそうなのですが。 でも、考えてみてください。性別を理由にした関係って、そんなに素晴らしいものでしょうか。 もちろん、人間にも生殖があり、男性と…

内面を愛せるように

内面は大事!、と言いつつ、ルッキズムという概念があります。 ようは、見た目は大事!というやつです。 人間は内面が勝負だと言っても、最初は見た目しか情報が与えられません。 ネットなどの文章のやり取りや声を聞くより、見た目で与えられる情報は多いで…

男とか女とか

男とか女とか、性別の概念が恋愛をしにくくしていると思います。 恋愛に性別なんて関係ないと言いたいわけではありません。 人間って記号化できるもんじゃないな、と言いたいのです。 女性、20代、4人家族、姉がいる、と条件を絞っても、近所に仲の良い異性…

受験の思い出

女子の点数がどうこう、というニュースを聞いたので、受験の思い出について書きます。因果関係はあまりありません。 結論から言うと、私は第一志望に行けませんでした。某共通テストの点数が低くて受けることができませんでした。 私の通っていた学校は自称…

みんな自分勝手だから

みんな自分勝手だから、好きに生きればいいじゃん、と思います。 家族だから、親友だから、親だから。 そういう感覚に縛られていると、あまりよくないと思います。 家族だからわかってくれるだろう、とか。 家族だから○○しなければいけない、とか。 自分がし…

街コンに行ってきた

星です。街コンに行ってきました。 個人的見解ですが、街コンは合コンや婚活より軽めの出会い系イベント、だと感じました。 参加者は男女共に年齢が低めで、20代前半がメインでした。 友達に誘われて行ったのですが、私はこういったイベントが初めてで、始ま…

著作権と自己満足

二次創作やMADなど、オリジナルではなくて、原作から借りて作品を作る文化があります。 これが法的や倫理的にどうか、というのは(詳しくないので)置いておき、自己満足をメインに書きたいと思います。 そもそも二次創作をする動機は、ざっくり分けて3つあ…

百合とBL考察 girls side

思いついたので書きます。百合女子と腐女子について。 両者の共通点は、NLが苦手ということ。相違点は、男性性と女性性のどちらを好むかということです。 雑食(NL、BL、百合全てを好む)については置いておきます。 NLは二次創作において少ないですが、それ…

母性

星です。 突然ですが、私は母親が大好きです。 何でも相談するし、アドバイスも求めます。 てきるだけ自分で決断をするように心掛けていますが、母に流されることもある程、依存している自覚があります。 母親は大切な存在ですが、やはり人間同士なので、私…

セクハラ報道を見て推しカプを思う

星です。 最近、セクハラが盛り上がっていますね。 私も詳しくはないので、二次元やカップリングが好きな人の一意見を書きます。 「三次元と二次元は別」 この一言が私の主張ですが、詳しく言うと、欲望と人間関係は別、ということです。 私はカップリング厨な…

メイドカフェに行ってきた

メイドカフェに行ってきました。詳細は伏せておくとして、楽しかったポイントを書きます。 1メイドさんが可愛い! なんといってもコレです。究極の癒し系です。 声のトーンも、相づちも、話の振りまで完璧。 トークを弾ませてくれるので、とても癒されます。…

推しが同性の人 友情が重い説

星です。女性は愛が重い生物として有名ですが、特に同性を推しにする人は、友人に対しても重いんじゃないかと思ったので、これを書きます。 以下、私が勝手に考えた仮説です。 1同性に対して、何かある こう書くと意味深ですが、例えばとても仲の良い友人が…

自分で考えろ!!

星です。 お説教として、「自分で考えろ」というのがあります。 これは、なかなか厳しい言葉だと感じます。 理由は、自分で考えること自体が、難しいことだからです。 日本で6歳になった子供が義務教育を受けるように、「考える」ことは、人に教えられて初めて意…

百合とジェンダー

星です。今回は、百合から考えるジェンダーについて書きます。 突然芸能人の名前を出しますが、ぺこさん、りゅうちぇるさん。このお二人の関係性というか、雰囲気が私は好きです。 お互いに支え合っている感じがします。また、盛り上げ役はりゅうちぇるさん…

少女になれた人たちへ

VTuberやARが流行っている。その中で、誰でも少女になれる、というコンテンツがあるらしい。 VTuberだと、仮想キャラクターである少女の中が男性だったり、VRだと、少女になりきってポーズを決められるゲームがある。 そこで、自分の心の中にある、少女の気…